2012年06月11日

第10回「知的資産経営研究会」を6/7に開催しました


価っ値ゃん@価値組思考コンサルティングの秋井正宏です。

「知的資産経営研究会」の第10回目の活動を6/7(木)に協力企業にて行いました。
実際の企業に協力して頂き「知的資産経営に向けて」というフォーマット作成の第一歩。
前回同様、私を含む4名の中小企業診断士が集まり、
協力企業のある部門の責任者からヒアリングさせて頂きました。


このヒアリングは、我々の現状把握(第3者の客観的視点)と
現場関係者が抱える問題点の情報収集です。
中小企業の組織体制や管理体制は十分でない会社が多い中、
当社は、比較的管理体制をきちんと構築されていたことから
より高い次元、より効果的に事業展開することが求められています。


その根拠は、長期的視点と現状打破。
5年後、10年後でも企業が成長し続けるには、
やはり変わっていかなければならない危機感を持たれている。
そのため、将来の方向性を検討するうえでも、
我々中小企業診断士の考え方や意見も真摯に取り入れたい姿勢である。


また、「知的資産経営レポート」のフォーマット作成の気付きもいろいろありました。
業種・業態が変われば、フォーマットも対応できるように変えておかなければならないが、
レポートの物理的範囲は決まっており、何でも情報を追加すれば良いものではない。
そこが非常に難しい・・・。


膨大な資料は見るのに疲れ、実際の企業活動での応用がほとんど無いと感じるため、
ボリュームを減らし、企業活動の実態にあった情報を掲載するか非常に悩まされています。
少しずつ形を作っていきたいと考えます。

-----------------------------------------------
価値組思考コンサルティング
中小企業診断士 秋井正宏
info@katigu3.jp  




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。