2012年06月17日

第11回「知的資産経営研究会」を6/14に開催しました


価っ値ゃん@価値組思考コンサルティングの秋井正宏です。

「知的資産経営研究会」の第11回目の活動を6/14(木)に協力企業にて行いました。
先週からご協力頂いた企業の別の事業部門に出向いての作業です。
前回同様、4名の中小企業診断士が事業部門責任者からヒアリングさせて頂きました。


多くの企業は、何らかの組織に分かれて事業を行われています。
企業の成長に伴い組織が大きくなると、いろいろな弊害が出てくる場合ば多いです。
当社においても、成長を志して取り組まれており、
いろいろな悩みや難しさをお聞きしました。

これらの現状は、企業毎にカラーがあり、組織文化と言われるもの。
いろんな企業に訪問するたびに毎回感じます。
この文化も「知的資産」の一つであります。


知らず知らずに醸成されてきた企業の雰囲気が、
社外の目から見た場合は、どのように感じられるでしょうか?
このようなことも、今回、作成を目指している「知的資産経営レポート」にも
うまく取り入れたいと思っています。



これまで気付かなかったことかが、企業の強みと結びつくところを
効率に見つけて提案できるように研究会で取り組んで行きたいと考えます。




-----------------------------------------------
価値組思考コンサルティング
中小企業診断士 秋井正宏
info@katigu3.jp  



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。